トドロキデザイン

トドロキデザインコンセプト

どんなに良いモノも、その良さが伝わらなければフツウのモノになってしまいます。

デザイナーはクライアントの代わりにコミュニケーションのための
ビジュアル創りや売れるためのアイディアを考えます。

しかし「伝える」という事は結構難しい事です。
その本質をよく理解しなければ伝えるべき相手に正確かつ効果的に伝わりません。
だから私たちは本質をつかむため、現場に向かい、見て、触って、食べて、
そして人と話し、他にはないオリジナルの価値を探していきます。
トドロキデザインでは農家さんや食品加工業の仕事が多いです。

私の実家も兼業農家で、子供の頃からよく手伝わされました。
大人になって農業や食の大切さを改めて感じ、
デザインでそれをどう伝えていこうか考えるようになりました。


パッケージやパンフレットで発信するだけではなく、
時にはイベントというカタチでその魅力を表現しようとしています。


全てが平均化されてしまうような世の中で、私たちはクライアントのオリジナルの価値を探し、
良いモノは良いモノとして伝えるコミュニケーションデザインを目指しています。